ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

2018年 お中元 夏ギフト

カテゴリで絞り込む

  • 2018年 お中元 夏ギフト

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

イトーヨーカドーアプリ

イトーヨーカドーアプリ

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

お中元を贈るときに最低限知っておきたいマナー

「お中元」とは勤め先や取引先、親戚や両親、日頃お世話になっている方々に 感謝の気持ちを込めて、ギフトを贈る夏のご挨拶です。 毎年お中元を贈っている方もいれば、お中元を贈ったことがない方、 詳しくは分からない方など、様々いらっしゃるでしょう。

お中元はただ贈れば良いというわけではなく、贈る時期や最低限のマナーがあります。 お中元を贈る際に気をつけなければいけない最低限のマナーについてご紹介します。

お中元を贈る期間はいつからいつまで?

お中元を贈る期間がいつからいつまでなのか分からず悩んでしまう方も いらっしゃるかもしれません。

一般的には7月初旬から7月15日までに贈りますが、地域によっては お盆の時期が異なるのでお中元の時期も異なります。

東北や関東では7月1日から7月15日頃、北海道、東海、関西、中国、四国では 7月15日から8月15日頃です。九州は8月初旬から8月15日です。

しかし、沖縄は旧暦の7月15日までに贈るので、年によって時期が変わるのですが、 2018年の旧暦のお盆は8月23日~8月25日です。

地域によってお中元を贈る時期が若干異なっているので、贈る相手の地域に 注意しながら準備するようにしましょう。

また、近年デパートや百貨店では5月末くらいの早い時期からお中元を受付けています。 そのため「早めに贈ってしまおう」と思いがちですが、このタイミングでお中元を贈るのはマナー違反。

早い段階に準備をする場合は、配達日を指定したりして、 贈る相手の地域のお中元期間を守るようにしましょう。

また、お中元を贈るタイミングを逃してしまった場合は、その地域で適用されている お盆までの期間であれば「暑中見舞い」として贈ります。

東北、関東の場合は、8月7日ごろの立秋までは「暑中御見舞」とし、 更にそれを過ぎたら8月末くらいまで「残暑御見舞」とします。 北海道、東海、関西、中国、四国、九州は、先方に届くのが8月15日を 過ぎてしまう場合は、8月末くらいまで「残暑御見舞」として贈ります。

お中元の渡し方のマナーは?

お中元は親戚や知人、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈ります。 お中元の渡し方は、持参する場合と宅配を利用する方法がありますが、 基本的には手渡しするのがベストです。

手渡しする場合はお会いする時間を作ってもらうことになるので、 まずは相手の都合を確認し訪問しましょう。

お中元の品物は風呂敷に包んで持参するのがマナーですが、 近年では紙袋で持参することも多くあります。

紙袋で持参する場合には紙袋から品物を出して相手側に正面がくるようにして、 両手で渡します。

紙袋のまま渡すのはマナー違反になるので、必ず袋から出すようにしましょう。

また、取引先の会社へお中元を贈る場合は、会社を代表して贈ることになるので 会社の判断を仰いだ上で渡し方を決めます。

お中元の熨斗(のし)の選び方、書き方は?

お中元に使う「のし」は飾り紐である水引が紅白の「蝶結び」を使います。 蝶結びは「花結び」とも呼ばれますが、ほどいても何度も結び直すことが できることから「何度繰り返してもいい」祝い事に使います。 蝶結びの上段には「御中元」という文字を入れ、下段には「御中元」の 文字よりも少し小さめに自分の名前を記入します。

会社名を入れる場合は名前の右側に小さく書き添えます。 連名で記入する際には、右側が上司や目上、左側に目下という順に記入していきます。 最近は「簡易のし」という短冊のしもありますが、取引先の会社や目上の方への お中元には、それを使わない方がよいでしょう。

また、基本的にお中元にはのしは付けますが、生ものである魚や肉には のしを付けません。

お中元に送り状は必要か?

お中元を宅配便で送る場合には品物に手紙を同封するか、 送り状である手紙を送るのが正式なマナーです。 家族や親しい知人などの間柄では電話で伝えることも出来ますが、 そうでない場合は手紙を同封するか、別途送ります。

手紙を送る場合には、お中元の品物を先方が受け取けとる前に届くようにしましょう。 手紙には感謝の気持ちの他に、お中元を送ったことを報告します。 手紙には「時候のご挨拶」「感謝の気持ち」「お中元の報告」「締めの言葉」を 書きます。

短い内容であっても、手紙を送ることによって日頃の感謝の気持ちが 伝わりやすくなります。

まとめ

お中元は日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを表すものです。 最低限のマナーを意識して、心を込めて贈るようにしましょう。

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中