ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

イトーヨーカドー おせち 2021

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

イトーヨーカドーアプリ

イトーヨーカドーアプリ

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

2021イトーヨーカドーおせち

2021年おせち特集は終了いたしました。
たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
2022年のおせち特集もどうぞよろしくお願いいたします。

極上のこだわりおせち
おすすめのおせち
種類でえらぶ
ご注文は早めがおトク! 11/30(土)までのご予約・お買い上げで早期特典ボーナスポイントプレゼント!このマークが目印です
ネット通販ならさらにおトク!対象商品をご予約・お買い上げでnanacoポイントプレゼント!このマークが目印です

おうちで祝うお正月に、伝統ある和の美味しさをお届けします。

イトーヨーカドーのおせち<2021>は、ネット通販予約で500nanacoポイントをプレゼント!
さらに12月8日までにご注文をいただくと、早期承り特典として500nanacoポイントプレゼントを実施中です。
毎年大人気のイトーヨーカドーネット通販限定の森公美子さんプロデュースおせち、おひとり・ご夫婦向けの少量おせち、

続きを読む
 〉

全国各地のご当地食材を使用した日本全国旅するおせち、伝統的な和の本格おせちから有名料理人や名店監修のおせち、ご家族みんなで楽しめる重箱に入った和洋折衷おせちや、 赤ちゃんからご年配の方まで一緒に食べることのできる、やわらかおせちなど、定番おせちから人気キャラクターおせち、おせちと一緒にお祝いの席を彩るお正月グルメまで豊富に取り揃えております。 「今年はきっとみんなが笑顔でいられますように」。そんな想いを込めて、おうちで祝うご家族のお正月にふさわしい華やかなおせち料理をどうぞお楽しみください。

彩りを楽しむ、家族の幸せおせち

いろんな種類の味わいを、少しずつ。見た目に華やか、食べても楽しい、幸せなおせちです。
家族みんなで囲む美味しさを彩り豊かに。

新春を祝う彩り玉手箱

ちょっとずつ、種類豊富に味わいたい、そんなご要望にお応えして、たくさんのお料理を詰め込んだおせちを作りました。ひとつひとつのお料理がカップに入って取り出しやすい、使い勝手にもこだわりました。
一段重 38品目
17,800

(税込 19,224円)

豪華絢爛しあわせおせち

伝統的な伊達巻・田作り・黒豆から、洋風総菜、デザートまで、バラエティに富んだメニューを揃えました。年配の方から小さなお子様まで、家族みんなが楽しめるおせちです。
一段重 60品目
27,500

(税込 29,700円)

一段から選べる、組み合わせおせち

和、洋、中華、さらに海鮮、イタリアン。自由に組み合わせて、味のバリエーションを楽しめます。
家族の好みに合わせて、わが家だけのおせちを。

選べるおせち

好きな美味しさを、好きなだけ。ご家族の人数や好みに合わせて、よりどり自由に組み合わせ!もちろん、一段だけでもOK。オリジナルのお重をつくりませんか。

イトーヨーカドー ネット通販限定森公美子プロデュースおせち

美食家としても有名な森公美子さんのこだわりをぎゅっと詰め込んだおせち重。
和風から洋風、家族みんなで楽しめる多彩な美味しさ。

イトーヨーカドー ネット通販限定森公美子プロデュースおせち
一段重

森公美子さんプロデュースおせちは10周年を迎えます。素材や製法にこだわったおいしさ、合成着色料不使用の安心・安全への取り組みなど、森公美子さんの思いが詰まった毎年大人気のおせちです。
一段重 2~3人前 36品目
9,800

(税込 10,584円)

鶏の七福巻

鶏モモ肉、人参、牛蒡、アスパラ、パプリカ黄、レンコン、椎茸の7種類の具材を使った八幡巻です。

ローストポーク黒糖風味

鹿児島県産の豚モモ肉を秘伝のタレに数日間漬け込み、黒糖と黒胡椒をすり込みロースターでじっくり焼きあげました。

イトーヨーカドー ネット通販限定森公美子プロデュースおせち
四段重

森公美子さんならではの、こだわりの食材を使用した、見た目も華やかな和洋折衷メニューを詰め込みました。一の重の松前漬けとからすみは、お酒のおともにぴったり。毎年大好評のおせちです。
四段重 3~4人前 39品目
14,800

(税込 15,984円)

鮎土佐煮笹包み

鮎の甘露煮に粉かつおをまぶして笹で巻きました。

うにチーズ寄せ

コクの強い練り雲丹とチーズを混ぜ合わせて寄せました。ワインやお酒にぴったりな一品です。

おせち料理は、ひとつずつ意味が込められています。
改めて知って食べて、伝統食を楽しんでみませんか。

えび

腰の曲がったような姿と長いひげから、長寿を意味しています。

昆布

「喜ぶ」「子生」に通じる言葉として、子孫繁栄を願う縁起の良い食材です。

田作り

小魚を田畑に肥料として撒いて、五穀豊穣を願ったことからこの名に。

黒豆

今年も一年「まめ」に働けますように。そんな願いを込めて。

数の子

ニシンの卵。「二親」から生まれる数が多いことから、子孫繁栄を願う縁起物。

栗きんとん

金の財宝にたとえて、金運を招き豊かな一年を願う料理です。

おせちの由来

人々が米を作り農業を始めるようになった弥生時代、中国から「節」を季節の変わり目とする暦ももたらされ、四季折々に収穫したものを神様に感謝しお供えする慣習が生まれました。
神様にお供えした後、お下がりをいただくのを直会(なおらい)といい、直会により神様の持つ力をいただくと考えられていました。そして、1年の節目節目に神様に感謝のお供えをし、そのお下がり(直会)をいただく日のことを「お節供(おせちく)」と呼ぶようになりました。

弥生時代には風習であった「お節供」が、平安時代には宮中行事として暦の節目の日である節日に執り行われるようになりました。この宮中行事は、邪気を祓い不老長寿を願う儀式「節会(せちえ)」と呼ばれ、「お節供(おせちく)料理」と呼ばれる祝い料理が振る舞われました。
特に重要視されていたのは1月1日の元日、1月7日の白馬(あおうま)、1月16日の踏歌(とうか)、5月5日の端午(たんご)、11月の豊明(とよのあかり)の五節句で、この日に開かれる節会を「五節会」、五節句のお祝い料理すべてが「お節供」と呼ばれていました。

江戸時代になると幕府の公式行事として1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句の五節句が祝日として定められ、庶民の間にも「お節供」が民間行事として広まったことで、1年に5回ある節句で料理が振る舞われるようになっていきました。その後、五節句のうち新年を迎える人日の節句の料理が正月料理として定着していきました。
一年の豊作を祈って食べる料理も、野菜や山海の幸を使った豪華なご馳走へと変化ししました。さらに江戸時代後期になると、現代のように料理一つひとつに意味が込められ、新年を祝うために食べるものとなりました。同時に、大みそかにおせち料理を作り、お正月に家族そろって食べる風習も生まれました。 また、おせちには武士の家でおめでたい時に食べる料理「祝い膳」の要素も加えられています。祝い膳は、江戸末期より「めでたさを重ねる」という意味の縁起をかつぎ、重箱に詰めて重ねて出されていました。

このように、季節の変わり目に神様に収穫を感謝する「節供」がおせち料理の起源です。
平安時代に「節会」として宮中行事となり、「お節供」が振る舞われたのがおせちの原型といえます。そして江戸時代に大衆に広まり、五節句のうち正月料理がおせちとして位置づけられ、年の初めのご馳走であるお正月料理だけが「おせち」と呼ばれるようになりました。

  • デジタルカタログはこちら
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中