ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

2019 敬老の日特集

カテゴリで絞り込む

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

イトーヨーカドーアプリ

イトーヨーカドーアプリ

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

敬老の日 おすすめギフト
2019年9月16日は年長の方に敬意をはらい長寿を願う「敬老の日」です。
普段は離れて暮らしている方も、
人生の大先輩であるお祖父さん・お祖母さんへの感謝と敬意を込めて長寿のお祝いをしませんか?
無料カード・ラッピングサービス オリジナルメッセージカード・奉書・のし・包装紙など無料でお選びいただけます このマークが付いている商品が対象
メッセージカード作成 詳しくはこちら→
ラッピング・のし・奉書設定 詳しくはこちら→

ご予算から選ぶ

2,999円以内(税抜)
3,000~3,999円以内(税抜)
4,000~4,999円以内(税抜)
5,000円以上(税抜)

敬老の日とは

今年の敬老の日はいつ?

敬老の日は9月の第3月曜日。今年の敬老の日は9月16日(月・祝)です。

敬老の日の由来は?

敬老の日の由来には諸説ありますが、そのうちの一つに「聖徳太子が四天王寺を建立し、四天王寺で四箇院の制を実施したのが9月15日だから」というものがあります。

四箇院とは、「悲田院」「療病院」「敬田院」「施薬院」の4つの施設から構成され、療病院は今でいう病院にあたり、敬田院は寺院、施薬院は薬局にあたります。

そして、悲田院は仏教の教えに基づき、身寄りのない老人、病人、子供を救済するような役割を果たす施設でした。

医療や社会福祉の機能を果たす四箇院を機能させるために四天王寺を建立したのが593年9月15日だったことから、9月15日は敬老の日とされたというものです。

2000年に導入された「ハッピーマンデー制度」により現在は9月の第3月曜日が敬老の日とされていますが、それ以前は9月15日と定められていました。

敬老とは何歳から?

高齢者の福祉について定めた老人福祉法では65歳以上の方が対象とされています。

そのため65歳以上の方を敬老の日のお祝い対象とする目安と考えることもできますが、この法律が公布されたのは昭和38年。

50年以上も前のことです。現在は65歳以上でも若々しく年寄扱いされるのに抵抗がある方もいらっしゃいます。

それでも孫からお祝いされると喜ばれる場合が多いので、孫がおじいちゃん・おばあちゃんをお祝いできるようになるころから敬老の日をお祝いするのも良いかもしれません。

日頃はおじいさん・おばあさんと離れて暮らしている方も多いと思いますが
一緒に暮らしている方も、離れて暮らすご家族も、

敬老の日はおじいさん・おばあさんのお好きなものに
感謝の言葉を添えて
長寿のお祝いをしませんか?
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中