ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

母の日ギフト お花・お菓子・プレゼント特集 2019

カテゴリで絞り込む

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

イトーヨーカドーアプリ

イトーヨーカドーアプリ

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

母の日

2019年5月12日は「母の日」です。
家族のためにいつもがんばっているお母さんに、お花やスイーツなど“とっておき”のプレゼントを贈りませんか?

2019年母の日ギフト特集は終了いたしました。
たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
2020年の母の日ギフト特集もどうぞよろしくお願いいたします。

フラワーギフト
グルメギフト
お花と一緒に贈りたい
カタログギフト
ご予算から選ぶ
カタログ請求
WEBカタログを見る
商品の価格には送料が含まれます。 ※一部除外商品がございます。

お花が好きなお母様に フラワーギフト

アレンジのタイプで選ぶ

鉢植え
ブーケ・花束
アレンジメント
アーティフィシャルフラワー
プリザーブドフラワー
ハーバリウム
花&お菓子セット

花の種類で選ぶ

カーネーション
あじさい
バラ
その他
イーフローラ

美味しいものが好きなお母様に グルメギフト

洋菓子
和菓子
フルーツ
ドリンク
その他スイーツ・グルメ
ギフトセット
花&お菓子セット
グルメカタログ

お花と一緒に贈りたい 母の日ギフトにおすすめ

シニア世代におすすめ
運動好きなママに
お仕事ママに
旅行好きなママに
パジャマ
エプロン
帽子
バッグ
ハンカチ
その他ファッション雑貨
インナー・ソックス
トップス
ボトム
スポーツウエア
寝具・ベッドルーム
インテリア・収納・家具
生活家電
ミシン
コスメ
健康管理
介護用品

“選ぶ楽しみ”もプレゼント カタログギフト

体験型カタログ
体験型カタログ
グルメカタログ
グルメカタログ
ワインカタログ
ワインカタログ

ご予算から選ぶ

フラワーギフト

2,999円以内(税抜)
3,000円〜3,999円(税抜)
4,000円〜4,999円(税抜)
5,000円以上(税抜)

お花以外のギフト

2,999円以内(税抜)
3,000円〜3,999円(税抜)
4,000円〜4,999円(税抜)
5,000円以上(税抜)

知っておきたい、母の日の由来

お母さんに日頃の感謝を伝えて労わる日として、日本では毎年5月の第2日曜に祝される「母の日」。

日本だけではなく世界各地で様々に祝われている「母の日」はどのように始まり、広がったのでしょうか?

母の日の起源は?

時は、南北戦争直後のアメリカ。南北戦争で傷ついた兵士たちに献身的なケアをしていた、アン・ジャービスという女性がいました。アンは南軍・北軍関係なく兵士たちに救いの手を差し伸べて幅広く活動していましたが、娘のアンナを残して1905年5月に亡くなります。娘のアンナは、アンが亡くなってから2年後の1907年5月12日に、母が好きだった白いカーネーションを教会の祭壇に飾って亡き母を偲びました。そして、翌年の1908年5月10日に行われたアンの追悼式でアンナが白いカーネーションを参列者に配ったことがきっかけとなって母の日はアメリカ全土に広がり、1914年にアメリカ連邦会議によって5月の第2日曜日が「母の日」と定められたことで1915年に世界ではじめて「母の日」が誕生しました。

なぜカーネーションを贈るの?

アンナの行動が人々の心を動かしたのが「母の日」の誕生の由来ですが、アンナが母が好きだった白いカーネーションを飾り、参加者にも配ったことがきっかけでカーネーションが母の日のシンボルとなりました。
やがて、母が存命なら「赤いカーネーション」、亡くなっているなら「白いカーネーション」を飾るようになったと言われています。現在では赤や白以外にもピンクやブルーなど色とりどりのカーネーションを手に取ることができます。色によってイメージや花言葉の意味も異なるので、母の日に贈るときにはお母さんに似合う色を探してみてくださいね。

日本では母の日はいつからはじまったの?

アメリカで誕生した「母の日」が日本に伝わったのは明治末期頃とされています。「母の日」はキリスト教関係者により日本にもたらされましたが当時は全国的には普及せず、一部でしか祝われていない行事でした。また、日付も当時は 昭和初期頃は皇后の誕生日である3月6日が母の日とされていましたが、戦後にアメリカと同じく5月の第2日曜日が母の日として制定され、日本でも広く「母の日」を祝うようになりました。

母の日はアメリカや日本に限らず、世界中で祝われている記念日です。日本やアメリカと同様に5月の第2日曜を母の日に制定している国も多いのですが、中には2月や3月、5月、8月、11月に祝う国などもあり、一年を通して様々な国で母の日が祝われています。また、国によってはカーネーションではなく菊の花やミニバラを贈ったりギフトを贈ったりなど様々です。

今年の母の日はお母さんへのプレゼントと一緒に、普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えてみませんか?

母の日にあげたい花 3選

母の日のプレゼントで最もポピュラーな花は「カーネーション」ではないでしょうか?

近年ではフラワーギフトのバリエーションも豊富になりカーネーションだけではなく

様々な花が贈られるようになりましたが、ここでは母の日に特に人気が高い3種類の花をご紹介します。

カーネーション

母の日の贈り物といえば、まずはカーネーションが思い浮かびますよね。カーネーションは母の日に贈りたいギフトとして人気が高い花です。母の日にカーネーションを贈る文化はアメリカで生まれたと言われていますが、日本でも母の日にカーネーションを贈るという風習が定着しています。カーネーションの花言葉は「純粋な愛情」ですが、実は色によっても意味が異なるということをご存知ですか?赤は「母への愛」、ピンクは「感謝の心」、オレンジは「情熱」、青は「永遠の幸福」という意味を持っています。これらのようにポジティブな意味を持つ色もありますが、白い花は亡き人を偲ぶ色、黄色は「嫉妬」という意味も持つのでこれらの色は避けるようにしましょう。今年の母の日は花言葉にも気を配って、カーネーションを選んでみてはいかがでしょうか。

フラワーギフト(カーネーション)をみる

あじさい

母の日に贈る花として近年人気なのが「あじさい」です。あじさいを母の日に贈るの?と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、あじさいは大きく分けて50種類以上と言われるほど多種多様な品種があり、まるで万華鏡を覗いた時のような形のもの、花の色が変化していくもの、など種類によって異なる様々な色や形が魅力です。また、あじさいは日本原産の植物なので海外原産の花と比べて育てやすいことから、お手入れをして長く楽しめる鉢植えも人気があります。あじさいもカーネーションと同じで色ごとに花言葉があり、人気が高いピンクは「元気な女性」、しっとりとした青は「辛抱強い愛情」という意味があることからお母さんのイメージにぴったり、と思われる方も多いのではないでしょうか。

フラワーギフト(あじさい)をみる

バラ

上品で華やかなバラは贈られたら嬉しい花の1つです。家族のためにいつも心を配ってくれるお母さんに、母の日のギフトとして感謝と愛情を込めてバラを贈ってみませんか?優雅で美しく、香りもよいバラは年齢を問わずに幅広く愛されている花です。また、品種も多く様々な色や姿を楽しむことができます。よく知られているバラの花言葉は「愛」や「美」ですが色によって異なり、赤は「愛情、情熱」、ピンクは「気品、上品」、オレンジは「信頼、絆」を意味します。ちなみに、トゲには「不幸中の幸い」という意味もあります。
バラは鉢植え、アレンジメント、ブーケなど贈り方も様々。母の日にバラを贈れば、お母さんの素敵な笑顔が返ってくるでしょう。

フラワーギフト(バラ)をみる

感謝の気持ちを言葉で直接伝えるのはなんだか照れくさいですよね。そんな時は綺麗な花に想いを託してプレゼントするのもおすすめです。お母さんの顔を思い浮かべてあなたが選んだお花を渡せば、お母さんもきっと喜んでくれるはず。

日頃の感謝を言葉にするのはちょっと恥ずかしいという方も、ぜひ母の日のギフトにお花を選んでみてください。

母の日にあげて喜ばれる 花以外のプレゼント 3選

今年の母の日のプレゼントはもう決まりましたか?いつもお世話になっているお母さんに、
日頃の感謝の気持ちを伝えたいですよね。
でも、「定番のお花以外のギフトを贈りたい…」と、何を贈るのか迷ってしまう方も多いのでは?

母の日にあげて喜ばれる「お花以外の」プレゼント3選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

食事・グルメ

母の日に喜ばれるプレゼントで人気が高いのはやっぱり「美味しいもの」。お母さんと一緒にお出かけすれば、美味しい料理とおしゃべりをゆったりと楽しむひとときが素敵な思い出として、とても喜ばれるプレゼントになります。お母さんが遠くにお住まいの方は、ちょっと奮発して高級グルメを贈ってみてはいかがでしょう?お肉、カニ、魚介、フルーツ…と選択肢もいろいろで、お母さんの大好物もきっと見つかります。日頃の感謝の気持ちを込めて、お母さんにおいしい食事・グルメをプレゼントしてみては?

おすすめのグルメギフト

スイーツ

母の日の贈り物としてスイーツはとても人気が高く、定番ギフトのひとつです。女性は甘いものがお好きな方も多いので、とっておきのスイーツならきっと喜ばれるはず。見た目もお花のように華やかなものが多いので、プレゼントにぴったりです。お店に買いに行く時間がなかなか取れなくてもネットでお取り寄せができるものも多いので、有名店のお菓子や少し奮発した高級スイーツなど、普段はなかなか口にすることができないような逸品も手軽に選ぶことができますよ。

おすすめのスイーツギフト

化粧品

大切なお母さんだから、いつまでもキレイでいて欲しい。そんな思いも込めて母の日のギフトに「化粧品」を贈るのもおすすめです。普段はあまりお化粧をしないという方もいますが「何歳になっても美しくありたい」と思う方も多いのでは。そんなお母さんには特別感のある有名ブランドのリップや香水などを贈ってみては。また、肌が敏感・乾燥しやすい、などお母さんのお悩みにあわせて化粧水やクリームなどのスキンケア商品を贈るのもおすすめです。日頃の感謝の気持ちを込めて、お母さんにぴったりのコスメを選んでみてくださいね。

ギフトにおすすめのコスメ

定番の花だけでなく、女性ならではのコスメやスイーツやなど、喜ばれるプレゼントは数多くありますね。

大切なお母さんには何歳になってもキレイで、元気でいて欲しいものです。

ぜひお母さんの喜ぶ顔を思い浮かべながらプレゼントを選んで、お母さんと素敵の母の日を過ごしてくださいね。


シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中