ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

2019イトーヨーカドー特選ひな人形

8のつく日ハッピーデーと大安はどなた様もポイント5倍!

対象日

ハッピーデー  大安  

1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
種類で選ぶ
サイズで選ぶ
ご予算で選ぶ
メーカーで選ぶ

種類で選ぶ

木目込人形

可愛くてやさしい印象の木目込人形

木彫り、または桐塑(とうそ)などで作った胴体に溝を掘り、そこに生地の端を入れ込み、まるで衣装を着ているかのように見せる人形です。

屏風の中央にあしらったラインストーンが上品で華やか。また、間口40cmとコンパクトでとても飾りやすいのも特徴です。木目込親王飾り 99,800円(税込 107,784円)
ベースはお部屋に馴染みやすい木目調のナチュラルテイストに。また、特産品である可愛い「柳川まり」をセットしました。 木目込親王飾り 99,800円(税込 107,784円)
木目込人形をすべて見る

収納飾り

収納箱がそのまま飾り台になる 収納飾り

収納箱から出したら、その上に飾るだけ。場所を取らないのでコンパクトで簡単、楽々! 人気のスタイルです。

華やかさが際立つ五人収納飾りです。三段引き出し収納式で、収納時には奥行がコンパクトになります。五人収納飾り128,000円 (税込:138,240円)
洗練された艶やかな塗りの収納箱がお雛様の美しさを引き立てます。親王収納飾り128,000円(税込 138,240円)
収納飾りをすべて見る

ケース飾り

そのままどこでも飾れる ケース飾り

出し入れの手間がなく、人形が汚れにくいので、お手入れも楽々です。

黒の六角ケースに落ち着いた色合いの人形のケース飾りです。牛車と御籠が豪華さを引き立たせています。親王ケース飾り59,800円(税込 64,584円)
コンパクトながら豪華なケース飾りです。桜の刺繍が春らしい雰囲気を演出しています。親王ケース飾り49,800円(税込 53,784円)
ケース飾りをすべて見る

立雛飾り・段飾り

雛人形の原型を受け継ぐ立雛飾り・豪華さと迫力が際立つ段飾り

モダンな風合いでインテリアにも調和する立姿雛です。立雛飾り98,000円(税込 105,840円)
木製三段飾り 108,000円 (税込:116,640円)木製三段飾り 108,000円 (税込:116,640円)
立雛飾り・段飾りをすべて見る
小物・関連商品 ひな祭りをより華やかに演出する小物類と関連商品を集めました

サイズで選ぶ

奥行から選ぶ

奥行 30cm以下
奥行 31~40cm
奥行 41cm以上

間口から選ぶ

間口 50cm以下
間口 51~70cm
間口 71cm以上

ご予算で選ぶ

税込 5 万円以下
税込 5~7 万円
税込 7~10 万円
税込 10 万円以上

メーカーで選ぶ

吉徳
久月
こはるび

Q&A

Q.どんなサイズを選べばいいの? A.飾るスペースや家具とのバランスを考えて選ぶと良いでしょう。事前に飾りたい場所をメジャーで測っておくと、ひな人形を選ぶ時にイメージがわきやすいです。
Q. 最近のトレンドは? A.見た目がかわいく飾りやすい、コンパクトサイズが人気です。収納箱が飾り台になる「収納飾り」、そのままどこでも飾れる「ケース飾り」、飾り付けの楽しい「段飾り」などがあります。
Q. ひな人形はいつから飾るの? A.一般的には、立春(節分の翌日)を過ぎた大安の日が良いとされています。遅くても、ひな祭りの一週間前までには飾ってあげてください。
Q. 並べる順番はあるの? A.段飾りの飾りつけは、上の段から行ってください。こうすることで、誤って下の段の人形や道具を傷つけたり落としたりする事故を防げるからです。
Q. 内裏雛はどっちがどっち? A.一般的に男雛を向かって左、女雛を向かって右に飾ります。ただし京都や関西の一部では男女の位置が逆になります。その他の人形や道具類はそれぞれの格式・序列に従って並べます。
Q. ひな人形をしまう時期は? A.桃の節句を過ぎたらすぐしまわないと婚期が遅れると言われることもありますが、人形は湿気にとても弱いので3月中旬ごろまでの天気の良い日を選んでしまうのがおすすめです。

ひな祭りとおひな様

女の子を持つ家庭は毎年三月三日「ひな祭り」に、宮中の結婚の様子を模した「ひな人形」を飾り、健やかな成長を願いお祝いをします。 

その歴史は長く、平安時代にまでさかのぼります。 

当時の宮中では三月初めの巳の日に、災いや凶事を託した「ひとがた」を川や海に流したり、神社や寺院に納めて祈祷する、無病息災のお祓いが行われていました。 

その儀式が、当時、子どもたちの間で流行していた人形遊びと結びつき定着したのが、ひな祭りのはじまりと言われています。 

時代が経つにつれ、人形が段々と華やかになっていき、江戸時代になると、女の子の成長を祝うお祭りとして一般庶民にも広がっていきました。 


こうして、厄を祓うひとがたに始まりながらも美しく完成されていったおひな様は、一人一人の女の子の幸せを叶えてくれる、その子の守り神のような存在となりました。 

ひな祭りは、女の子の誕生から成人になるまでの大切な思い出として、人生に花を添え続けます。

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中