ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

2020年 ひな人形

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

2020イトーヨーカドー特選ひな人形

2020年ひな人形はご注文承りを終了しました
たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
2021年のひな人形特集もどうぞよろしくお願いいたします。
種類で選ぶ
サイズで選ぶ
ご予算で選ぶ
メーカーで選ぶ

種類で選ぶ

収納飾り

収納箱がそのまま飾り台になる、便利な「収納飾り」

箱の中から一つずつ取りだして、美しい装飾品や人形を並べるドキドキ感は特別です。
みんなで飾る楽しいひとときが、お子様の豊かな心を育みます。

収納飾りをすべて見る

ケース飾り

そのままどこでも飾れる、ケース飾り

透明なケースの中に広がるのは、豪華絢爛で幻想的な世界。
出し入れの手間がなく人形が汚れにくいので、お手入れも楽々。変わらない美しさで成長を見守ります。

ケース飾りをすべて見る
小物・関連商品 ひな祭りをより華やかに演出する小物類と関連商品を集めました

サイズで選ぶ

奥行から選ぶ

奥行 30cm以下
奥行 31~40cm
奥行 41cm以上

間口から選ぶ

間口 50cm以下
間口 51~70cm
間口 71cm以上

ご予算で選ぶ

税込 5~7 万円
税込 7~10 万円
税込 10 万円以上

メーカーで選ぶ

吉徳
久月
こはるび

Q&A

Q.どんなサイズを選べばいいの?

飾るスペースや家具とのバランスを考えて選ぶと良いでしょう。事前に飾りたい場所をメジャーで測っておくと、ひな人形を選ぶ時にイメージがわきやすいです。

Q. 最近のトレンドは?

見た目がかわいく飾りやすい、コンパクトサイズが人気です。収納箱が飾り台になる「収納飾り」、そのままどこでも飾れる「ケース飾り」、飾り付けの楽しい「段飾り」などがあります。

Q. ひな人形はいつから飾るの?

一般的には、立春(節分の翌日)を過ぎた大安の日が良いとされています。遅くても、ひな祭りの一週間前までには飾ってあげてください。

Q. 並べる順番はあるの?

段飾りの飾りつけは、上の段から行ってください。こうすることで、誤って下の段の人形や道具を傷つけたり落としたりする事故を防げるからです。

Q. 内裏雛はどっちがどっち?

一般的に男雛を向かって左、女雛を向かって右に飾ります。ただし京都や関西の一部では男女の位置が逆になります。その他の人形や道具類はそれぞれの格式・序列に従って並べます。

Q. ひな人形をしまう時期は?

桃の節句を過ぎたらすぐしまわないと婚期が遅れると言われることもありますが、人形は湿気にとても弱いので3月中旬ごろまでの天気の良い日を選んでしまうのがおすすめです。

ひな祭りとおひな様

女の子を持つ家庭は毎年三月三日「ひな祭り」に、宮中の結婚の様子を模した「ひな人形」を飾り、健やかな成長を願いお祝いをします。

その歴史は長く、平安時代にまでさかのぼります。

当時の宮中では三月初めの巳の日に、災いや凶事を託した「ひとがた」を川や海に流したり、神社や寺院に納めて祈祷する、無病息災のお祓いが行われていました。

その儀式が、当時、子どもたちの間で流行していた人形遊びと結びつき定着したのが、ひな祭りのはじまりと言われています。

時代が経つにつれ、人形が段々と華やかになっていき、江戸時代になると、女の子の成長を祝うお祭りとして一般庶民にも広がっていきました。


こうして、厄を祓うひとがたに始まりながらも美しく完成されていったおひな様は、一人一人の女の子の幸せを叶えてくれる、その子の守り神のような存在となりました。

ひな祭りは、女の子の誕生から成人になるまでの大切な思い出として、人生に花を添え続けます。
女の子を持つ家庭は毎年三月三日「ひな祭り」に、宮中の結婚の様子を模した「ひな人形」を飾り、健やかな成長を願いお祝いをします。

その歴史は長く、平安時代にまでさかのぼります。
当時の宮中では三月初めの巳の日に、災いや凶事を託した「ひとがた」を川や海に流したり、神社や寺院に納めて祈祷する、無病息災のお祓いが行われていました。

その儀式が、当時、子どもたちの間で流行していた人形遊びと結びつき定着したのが、ひな祭りのはじまりと言われています。

時代が経つにつれ、人形が段々と華やかになっていき、江戸時代になると、女の子の成長を祝うお祭りとして一般庶民にも広がっていきました。

こうして、厄を祓うひとがたに始まりながらも美しく完成されていったおひな様は、一人一人の女の子の幸せを叶えてくれる、その子の守り神のような存在となりました。

ひな祭りは、女の子の誕生から成人になるまでの大切な思い出として、人生に花を添え続けます。

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中