ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

話題性No.1!スーパーフード「もち麦」って?

テレビのダイエット企画で取り上げられて以来、ベストセラー商品となっているのが「もち麦」。大麦の一種で、他の穀物に比べて圧倒的な食物繊維量を誇るのが、その最大の魅力。さらにプチプチ、モチモチとした食感に「美味しいから、続けられる!」と、反響の声が続出しているのです!

食物繊維(特に水溶性食物繊維)豊富なもち麦ごはん

● もち麦に含まれる“水溶性食物繊維”に注目!

現在、日本人の食生活に最も足りていないと言われるのが“食物繊維”。そんな食物繊維には「不溶性」と「水溶性」の2タイプがありますが、食物繊維を含む穀物(雑穀、玄米など)の中でも、ダントツの「水溶性食物繊維」を誇ることで有名なのが、もち麦。グラフで見ると、その圧倒的な量は一目凝然です!

そんな「水溶性食物繊維」ですが、大麦に含まれる水溶性食物繊維の一種である「β-グルカン」が世界で注目されています。その効果は欧米諸国でも認められており、β-グルカンを1日3g以上含む食品であれば、米国では「血中のコレステロール低下による、冠状動脈心疾患のリスク低減」、欧州連合では「ふん便量の増加」という効果の表示許可が認められているほど。

もち麦って、おいしいの?

昔から食べられている大麦は美味しくないというイメージがありますが、そんな常識を覆すのが、このもち麦。「アミロペクチン」という成分によるモチっとした食感が強く、冷めてもパサパサにならないのが魅力的。また、押したり、米粒状に削ったりしていない、丸い大麦なので、プチプチ食感も楽しめます。さらに白米と混ぜて炊くことで、食べやすさがアップ。「毎日続けられる」という声が続出しています!

もち麦には、こんな食べ方も!おすすめレシピ

クセのない味わいだから、どんな料理にも抜群にマッチ!いろいろ試して、お気に入りの食べ方を探してみて。

【サラダ】

熱湯で15分ほど茹でてしっかりと水を切ったら、サラダのトッピングとして乗せれば完成。プチプチ感と野菜のシャキシャキ感の絶妙なハーモニーに、病みつきになること必至。
さらにもち麦が加わることで満腹感もアップ。冷えてもパサつく心配がないので、ダイエット※1中のサラダランチとしてもおすすめです。

【スープ】

スープに投入するだけというお手軽感が、なんとも嬉しい!普段食べている野菜スープの食物繊維量も、もち麦を加えることで確実にアップ。
おじやよりも食感があって、食べ応え抜群。これ一皿でしっかりとした満腹感が味わえるので、忙しい朝やダイエット※1中の昼食も大満足です。

※1 ダイエットとは、健康的なバランスのとれた食事をサポートすることを意味します。

続々届いています!お客様からの反響

独特のぷにぷに感で、おいしくいただけます。これを食べ始めてからは押し麦とか他の商品は、なんだか物足りない感じがして手に取らなくなりました。豆や雑穀入りが苦手な人には特にいいと思います!

ダイエットにオススメと言われるのが、ヨーグルトに混ぜて食べるという、一見おいしく無さそうなレシピ。しかし!これが、コーンフレークにヨーグルトをかけたような味で想像を超えておいしかったのです!いろんなレシピためしてみようと!

とっても食べやすくて、「ご飯だけのときよりも胃にやさしいかも」と、家族と話しています。まだ1袋目なので効果はといわれると考えますが、便通がよくなりました。

満腹中枢も刺激されて、普段ぺろっと食べてしまう量を残すくらい満腹になります。リピ確定です!

※お客様の声は、あくまでも個人の感想です。

(税込

ページの先頭へ